家庭にも普及してきたウォーターサーバー


ウォーターサーバーとは、自宅でも美味しい水を手軽に飲むことが出来る機械です。
昔は会社や店舗などで使用されることが多く、一般のご家庭でウォーターサーバーを使うのは高級なイメージがありました。
しかし現在では、ペットボトル入りのミネラルウォーターを買うのとほとんど変わりない費用負担でウォーターサーバーが利用できるようになっており、家庭用として気軽に設置を検討するご家庭が増えているようです。

ウォーターサーバーのメリットとデメリット


ウォーターサーバー(宅配水)は、交換用の水がボトルやビニール製パッケージなどで自宅まで配達されてきて、専用のウォーターサーバーにセットして使います。
料金体系に関しては、「水を定期的に購入する替わりにサーバーレンタル料金が無料」、「サーバーレンタル料金が有料でボトルの注文を自由に行う」、「サーバーのメンテナンスや交換が有料か無料か」、「解約時に料金が発生するかどうか」などを、各メーカーがそれぞれに定めています。
ウォーターサーバーのメリットとして候補に挙がるのは、安全性の高い水が届くという安心、専用のウォーターサーバーで冷水・温水が便利に使えて時間短縮にもなる、そして、水やコーヒー・紅茶などの嗜好品を「美味しい」と感じながら飲めるなどです。
一方、ウォーターサーバーのデメリットとして候補に挙がるのは、水を使えば使うほど費用がかかる、水の入ったボトル交換が大変、ボトルの在庫の置き場所が必要、水の注文に気を使う、メンテナンスをしないと不衛生になる、サーバーの電気代がかかるなどです。 これらをメリットと感じるか、デメリットと感じるかは人それぞれだと思いますが。

ウォーターサーバーのデメリットを解消した「ウォータースタンド


「ウォータースタンド」のウォーターサーバーは、これらのデメリットを解消した新しいカテゴリーのウォーターサーバーです。
宅配水の水は各メーカーの工場で作られて各家庭へ配達されます。ウォータースタンドはその水をご自宅で作れるようにしたものなのです。
以下のように従来のウォーターサーバーのデメリット候補を解消しています。

水を使えば使うほど費用がかかる →料金が定額制で水が使い放題
水の入ったボトル交換が大変 →そもそも交換がなく、水を使った分は自動でつくられる
ボトルの在庫の置き場所が必要 →そもそも在庫が不要
水の注文に気を使う →そもそも注文がない
メンテナンスをしないと不衛生になる →専門スタッフが定期的にメンテナスを行う
サーバーの電気代 →従来のウォーターサーバーより省エネ設計

ウォーターサーバーの水の種類


ウォーターサーバーの水の種類は、大きく分けて天然水タイプと、純水(RO)タイプの2種類に分けられます。その味は、硬水か軟水かの硬度やミネラル成分によっても左右されます。一般的に、純水は雑味がなくスッキリしており、天然水はミネラル成分により、まろやかな味に感じる傾向があります。
ウォーターサーバーを自宅に導入すると、安心安全なおいしい水を冷水・温水で楽しめます。
また、コーヒーや紅茶などの飲み物をつくるときにも温水でサッと作れて便利です。

ウォーターサーバーの水の味は劣化するの?

水にも賞味期限があることをご存知でしょうか。ウォーターサーバー(宅配水)の交換用ボトルやパッケージについても同じことが言えます。封を開けなければ数ヶ月持つものが多いですが、ウォーターサーバーにセットしてしまうと雑菌の繁殖は防ぎにくくなり、水の劣化は避けられません。劣化の進み具合はウォーターサーバーを置く環境によっても変わってきますが、例えば、ホコリが立ちやすい場所は条件が好ましくありません。メーカーが示す賞味期限は過ぎないようにしましょう。

常に口当たりの良い水を求めるなら?

日本の水の多くは軟水にあたり、一般的に日本人の口には軟水が合っていると言われます。ミネラル分は少なめですが、飲みやすくサラッとしているのが特徴です。また、赤ちゃんのミルクを作るのにも硬度の高い硬水はよくないとされます。
水の飲み口にこだわる方は、水の温度にも意識してみて下さい。5~7℃くらいに冷えていると、より美味しく感じる温度とのことです。

水で料理の味も変わる?

料理に使う水が硬水か軟水かで料理の味にも影響があるそうです。これは、食材によってミネラル分の反応の仕方が違うためです。日本料理には、やはり硬度の低い軟水が合うものが多く、更にミネラル分を含まない純水(ピュアウォーター)は、水分以外の雑味がないので、料理の素材の味が引き立つと言われています。
例えば、味噌汁なら塩分が引き立ちます。味噌を減らして味の濃さを調整するなら結果的に減塩にもつながります。一方、苦みの強いコーヒーなら苦味が引き立ち、それが好みでなければ、別のコーヒー豆に変えることになるかも知れません。
水にこだわるプロの料理人は、その水の特性を把握したうえで味付けをするそうです。
「素材の味にこだわりたい」という趣向なら、雑味のない純水(ピュアウォーター)がお勧めです。

ウォータースタンドなら水の味も選べる


ウォータースタンドは、高機能な浄水フィルターで水道水をろ過し、タンクにキレイなお水を溜めて、冷水・温水・常温水をいつでも使えるようにした新しいタイプのウォーターサーバーです。その浄水方法の特徴は、複数の大型フィルターを組み合わせた1つのフィルター・システムを構成しているところです。
フィルタータイプは大きく2種類に分かれ、逆浸透膜(ROフィルター)なら純水(ピュアウォーター)になります。また、ナノトラップフィルターならミネラルのまろやかさを感じられます。ウォータースタンドの利用料金は定額制で、水が使い放題なので、飲料用だけでなく料理にも気兼ねなく使えます。利用シーンを考えて水の味も選べます。

CMも放送中

国仲涼子さんが出演するCMも放送中です。これでウォータースタンドを知った方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

まとめ

料金が定額で、水が使い放題
大変なボトル交換をする手間が省ける
ボトルの置き場所に悩まなくて良い
水を注文する必要がない
専門スタッフが定期的にメンテナンスしてくれる
従来のウォーターサーバーより省エネ
水の味が選べる

おすすめは1番人気の「ナノラピア ネオ」

おすすめの機種は1番人気「ナノラピア ネオ」です。

「ナノラピア ネオ」なら、月々のレンタル料が3,980円(税別)。非常にお得に美味しい水が飲めてしまいます。
他にも人気の機種がたくさんございますので、詳しくは下記の公式ホームページをご覧下さい。(情報は2018/7/18現在のもの)

 

ご購入は下記の公式サイトで!
  ↓ ↓ ↓