ルイボスティーって何?

みなさん、ルイボスティーってご存じですか?
ルイボスティーとは、ダイエットや美肌効果があるとされ、今巷でとても注目されているお茶なんです!

ルイボスティーは、ルイボスという植物の葉を発酵乾燥させて作られ、清涼感溢れる紅茶のような風味豊かな香りと味わいが特徴です。
美容に嬉しいビタミンB1、B2が豊富に含まれ、ノンカフェイン、おまけにミネラル分も一緒にゲット出来るお茶として、人気を集めています。

ルイボスティーには「煮出し」と「水出し」という飲み方があるので、この記事では、それぞれの強みや特徴についてお話ししていきます。

ルイボスティーの飲み方「煮出し」


ルイボスティーの一般的な飲み方として、「煮出し」があります。
煮出して飲むことで、ルイボスティーに含まれる「フラボノイド」という成分が溶け出し、様々な健康効果を発揮します。

フラボノイドとは?

フラボノイドとは、植物に含まれている色素、苦味、辛味成分であり、ポリフェノールのひとつです。
フラボノイドは種類によって特徴や作用が異なりますが、多くが強力な抗酸化作用を持っており、サプリメントなどに広く利用されています。

フラボノイドの健康効果
・活性酸素の増えすぎを防ぎ、身体の老化をおさえる効果
・視機能を改善する効果
・血流を改善する効果
・生活習慣病の予防・改善効果
・更年期障害の症状を改善する効
・アレルギーを抑制する効果

ルイボスティーに含まれているフラボノイドは、10分以上煮出すことでしっかり抽出することができると言われています。
さらに、煮出した後にも茶葉をそのままにしておくと、より多くのフラボノイドが溶け出し、より効果を得ることが出来るでしょう。
淹れ方としては、鍋に水と茶葉を入れ、沸騰させた後に弱火にしてから10~15分煮出すのが良いと思います。

ルイボスティーは、少し時間をかけて煮出すと大きな効果を得られますが、20分以上煮出すと、逆に渋みが増して、飲みづらくなってしまいます。
そのため、煮出すのは15分程度を目標とすると、渋みも抑えられ、たくさんのフラボノイドを摂取することが出来るでしょう。
茶葉を入れておく時間を長くするほど、フラボノイドをたくさん抽出することが可能です。

ルイボスティーの煮出しは「妊活」におすすめ


フラボノイドには、活性酸素の増えすぎを防ぎ、身体の老化をおさえる抗酸化物質が含まれています。この抗酸化物質によって、精子や卵子の老化を遅らせ、受精の可能性を高める事ができるため、ルイボスティーは妊活に良いとされています。

女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの、ホルモンバランスが保たれることにより、正常な排卵がおこり妊娠に至ります。
ルイボスティーの成分に含まれる亜鉛は女性ホルモンの働きを高めるため、妊娠しやすい身体を作るといわれています。
女性ホルモンの働きが高まると、子宮内膜がフカフカになり受精卵が着床しやすくなることも不妊症の改善の大きなポイントです。
また亜鉛は男性ホルモンの一種であるテストステロンを作るのを助け、精子の質を高めたり、精力増強の効果があるとされています。
女性だけでなく男性にも効果があるので、妊活中、不妊治療中のご夫婦は一緒にルイボスティーを飲むことをおすすめ致します。

ルイボスティーの飲み方「水出し」


煮出しの他に、ルイボスティーは「水出し」でも飲むことが出来ます。
ルイボスティーは、お茶の渋みの原因となっているカフェインやタンニンが含まれていないので、あまり渋みを感じないお茶と言えます。
しかし、煮出すと、少なからず渋みを感じてしまうのも事実なんです。

基本的に、ルイボスティーは煮出して飲むお茶という認識が強くあります。そのため、メーカーさんによっては「煮出し以外NG」とされているところも多く存在します。
しかし、ティーライフさんの「プレミアムオーガニックルイボスティー」は煮出しだけではなく、水出しでも飲めてしまうという特徴があるんです!
これは、非常に貴重な存在と言えるでしょう。


では水出しの強みとは、どんなものがあるのでしょうか?

ルイボスティーを水出しで淹れる強み

・淹れるのが簡単
・渋みを抑えられる
・煮出しよりもビタミンを多く摂れる

これが主な水出しの強みですが、特に重要なのは3つめの「煮出しよりもビタミンを多く摂れる」というところです。
煮出したルイボスティーはフラボノイドを含んでいるので、妊活やアンチエイジングには効果的ですが、煮出すことで熱に弱いビタミンなどの成分が失われてしまいます。
しかし、熱を加えずに水出しで淹れることにより、ビタミンを守ることができるため、煮出したルイボスティーよりも美容効果の高いお茶を淹れることが出来るのです。

ルイボスティーを淹れるときにはミネラルウォーターで


ルイボスティーを淹れるときに、水道水を使う事は結構あると思います。もちろん、日本の水道水は比較的安全ですから、水道水を使用するのは悪いことではありません。
しかし、水道水には塩素や、発がん性があると言われているトリハロメタンなどが入っているので、必ずその都度沸騰させたものを使用する必要があります。
特にトリハロメタンは、沸騰してすぐに火を止めてしまうと増殖してしまうため、10分以上最沸騰させる必要があるというのも重要です。
また、ポットなどの密閉された空間では、たとえ温度が高く保たれていたとしても沸騰し続けているというわけではないので、殺菌が残っている可能性が高いです。
このように、いくら安全性が高いという日本の水道水でも、いくつかの注意点は存在するため、妊活中の女性や妊娠中の女性は、赤ちゃんの健康のためにもルイボスティーを淹れる場合にはミネラルウォーターがおすすめといえるでしょう。

まとめ:ルイボスティーの「煮出し」「水出し」それぞれの強みと特徴

「煮出し」
・煮出すことにより、「フラボノイド」という成分が溶け出し、様々な健康効果を発揮する。
・「フラボノイド」は妊活に最適な成分。
・15分程度煮出すことによって、より多くのフラボノイドを摂取することが出来る。
・ビタミン成分が失われてしまう。
・煮出す手間はかかるが、冷ます必要がなく、すぐに飲むことが出来る。
・渋みが発生する。

「水出し」
・フラボノイドが摂取しづらい。
・ビタミン成分を失うことがないため、煮出すよりも美容効果が高いお茶を淹れられる。
・淹れるのは簡単だが、冷ますのに2~8時間冷蔵庫に入れておく必要がある。
・渋みを抑えられる。

「共通」
・ルイボスティーは「ミネラルウォーター」で飲むのがおすすめ。

最後に


いかがでしたでしょうか?
今巷で人気のルイボスティーの効能や飲み方について説明してきましたが、少しでも皆さんのお役に立てたなら幸いです。
もし「自分も試してみようかな」と思われる方は、以下のサイトでチェックしてみて下さい。きっとお気に入りの商品に出会えると思いますよ♪

ご購入は下記の公式サイトで!
  ↓ ↓ ↓

Q&A

質問A
ルイボスティーは電子レンジなどで温め直しても大丈夫ですか?

管理人
はい、問題ありません。電子レンジで温めても、含まれる栄養素が壊れることはありません。

 

質問B
お値段は?

管理人
いろいろな購入パターンがありますが、おすすめは3週間お試しパック。お気軽に980円(税込)で購入出来てしまいます! 詳しくは下記のサイトをご覧ください。(情報は2018/6/22現在のもの)

ご購入は下記の公式サイトで!
  ↓ ↓ ↓