最近、お通じの調子がよくないという方におすすめ

「最近、お通じの調子がよくない」
「毎朝、スッキリしたい」
「便秘がなかなか治らない」
「他のサプリで効果が実感できない」

こんな悩みをお持ちの方、いらっしゃいませんか?
そこでおすすめなのが「ラブレクリン」というサプリメントです。

「ラブレクリン」とは?

「ラブレクリン」とは、4つの整腸作用を持つ菌と、食物繊維の王様「サイリウム・ハスク」を配合した、便秘改善サプリメントです!


ラブレクリンに含まれる菌①「ビフィズス菌」

人の身体には、大きく分けて二つの菌が存在します。それが、身体に良い働きをしてくれる「善玉菌」と、身体に悪影響を及ぼす「悪玉菌」です。善玉菌の代表的なものが「ビフィズス菌」で、体内の健康バランスを保つために必要不可欠な菌と知られています。
ビフィズス菌は、1899年にパスツール研究所のティシエ(Tissier)博士により、赤ちゃんのうんちから発見されました。人の腸内には1~10兆個のビフィズス菌がすんでいますが、他の善玉菌である乳酸菌はその1/100以下にすぎません。そのため、ビフィズス菌は腸内に適した菌だと考えられているのです。
また、ひと言でビフィズス菌と言ってもその種類は多岐にわたり、現在ではおよそ50の菌種に分類されています。菌の種類によってすむ場所が異なり、人と動物でもすんでいるビフィズス菌の種類が異なります。人の腸内からはおよそ10種類のビフィズス菌が発見されており、人の腸にすむビフィズス菌は、動物の腸内からはほとんど見つかりません。逆に動物のビフィズス菌は、人の腸内にはすみつかないと考えられています。このように、人のビフィズス菌と動物のビフィズス菌は、適した環境がそれぞれに異なるものと考えられています。

ビフィズス菌が人へ与える影響

ビフィズス菌は、整腸作用にはじまる様々な作用により、腸内環境を良好にする働きをもっています。とくに、腸内で酢酸を作ることができるという点において、ビフィズス菌は同じ善玉菌として知られる乳酸菌よりも、優れたプロバイオティクスであるといえます。お酢の成分などで知られる酢酸は、強い殺菌力を持ち、腸の粘膜も保護してくれるため、さまざまな疾患を招く「悪玉菌」から腸内環境を守ってくれます。たとえ酢酸が多く含まれるお酢をそのまま飲んだとしても胃や小腸で吸収されてしまうため、腸内細菌がいる大腸には届かないと考えられています。腸内環境を整えるには、大腸で酢酸を作り出してくれるビフィズス菌を増やすことがもっとも有効な方法だと考えられているのです。

ラブレクリンに含まれる菌②「ガセリ菌」

ガセリ菌は乳酸菌の一種です。人の腸に多く存在し、ビフィズス菌と並んで、悪玉菌を抑え、腸内環境を整える、善玉菌の代表として知られています。ビフィズス菌と同じく、腸内環境を整える効果を持っており、ヒト由来の乳酸菌のため、定着しやすいというメリットがあります。

ラブレクリンに含まれる菌③「ラブレ菌」

ラブレ菌は、京都の伝統的な漬物「すぐき漬け」から発見された、植物性乳酸菌で、「生きたまま腸まで届く乳酸菌」と言われるほど、腸内での生存率が高い乳酸菌です。
乳酸菌は消化液や高濃度の塩分などで死んでしまいますが、植物性のほうが動物性に比べ、腸内で育成できる力が強いと言われています。ラブレ菌はその植物性乳酸菌の中でも、腸内での生存率が高い乳酸菌です。酸や塩分に強く、胃酸などの消化液にも負けず腸まで届き「腸内で生き抜く生命力が強い」のが特徴です。ただ、死菌してしまった乳酸菌は全く無意味な存在ではなく、死滅した後も効果があり、体内で働いてくれます。

ラブレ菌の効果

・整腸効果・・・・・・ラブレ菌には高い整腸作用があり、腸内環境を整える効果があります。
ラブレ菌は、腸内で乳酸を作りだし、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促進するのですが、この働きが便秘や慢性便秘の改善・予防に効果があるのです。
また、ラブレ菌には善玉菌を増やす働きがあり、アルカリ性に偏った腸内を酸性にして腸内環境を整えてくれます。この腸内環境を整える働きは、免疫力の向上にもつながるのです。

・免疫力アップ効果・・・・・・ラブレ菌には免疫力をアップする効果があり、インフルエンザなどの予防に有効と注目されています。
ラブレ菌は、インターフェロンの生成を促し、体内でウィルスの増殖を防ぐ免疫細胞「NK細胞」を活性化して免疫力を高める効果があります。このことが、インフルエンザなどの病気を防ぐ要因となっているのです。

・美肌効果・・・・・・ラブレ菌には美肌効果もあり、女性の悩みの一つでもある肌荒れの予防や改善に効果があります。腸内に悪玉菌が増えると、ニキビなどができる原因となってしまうので、ラブレ菌を摂って腸内環境をよくすることは、美肌効果にも繋がるというわけなのです。

・コレステロール値の低下・・・・・・ラブレ菌にはコレステロール値を低下させる効果があります。
ラブレ菌のコレステロール値を低下させる働きは、動脈硬化の予防に効果があり、動脈硬化を防ぐことは、血管の弾力と柔軟性を保つため、心筋梗塞や脳梗塞のなどの生活習慣病の予防にもつながります。

・アレルギー症状の緩和・・・・・・ラブレ菌には、免疫機能のバランスを整える作用があり、この作用が、アレルギーの緩和に効果があると考えられています。

ラブレクリンに含まれる菌④「有胞子性乳酸菌」

有胞子性乳酸菌は、麦芽から発見された乳酸菌の一種で、バチルス コアグランス(Bacillus Coagulans)とも呼ばれます。
普通の乳酸菌と異なり、殻につつまれた「胞子」という状態になるのが特徴です。 殻で守られているため、酸や熱に強く、腸までしっかり到達することができます。 また、腸内では悪玉菌を抑えてビフィズス菌などの善玉菌をサポートします。

ラブレクリンには、食物繊維の王様「サイリウム・ハスク」が配合

食物繊維は、善玉菌のエサとなる成分。体の中にいる善玉菌自体を増やす、重要な効果があります。
その食物繊維の中でも、「王様」と呼ばれているのが「サイリウム・ハスク」です。

サイリウム・ハスクとは?

サイリウム・ハスクは不溶性・水溶性の二種類の食物繊維を含み、これらが同時に取れる優れものの素材です。(不溶性食物繊維:水を吸うと膨らみ腸の運動を助ける 水溶性食物繊維:水に溶ける食物繊維で便に水分を含ませることが出来、便を柔らかくすることが出来る)二種類の食物繊維が「便秘」に大いなる効果を発揮してくれることが期待できます。また、水を吸うと30~40倍に膨らむ食物繊維が満腹感を促してくれるため、ダイエット時、食事の制限をしたい方のサポートも可能です。

まとめ

「ラブレクリン」は、「ビフィズス菌」「ガセリ菌」「ラブレ菌」「有胞子性乳酸菌」という4つの菌を配合
4つの菌は優れた整腸作用がある
「ラブレクリン」は、食物繊維の王様「サイリウム・ハスク」を配合
「サイリウム・ハスク」は不溶性・水溶性の食物繊維を含んでいる

「ラブレクリン」を飲むことで、腸内環境が良くなり、便秘改善に大きな期待が出来ます。ぜひお試し下さい!


「ラブレクリン」を購入するなら、定期コースがおすすめ!

今、「ラブレクリン」を購入するなら、定期コースがおすすめです。

定期コースなら初回、通常価格2,700円が、20%オフ2,160円(税込)+送料無料で購入出来てしまいます!

さらに、いつでも休止、再開の手続きが可能!

非常にお得なコースとなっていますので、この機会にぜひご検討下さい!(情報は2019/1/31現在のもの)

 

ご購入は下記の公式サイトで!
  ↓ ↓ ↓