年齢を重ねて、肌の弾力がなくなってきたという方へ

「年齢を重ねて、肌の弾力がなくなってきた」
「毎朝、鏡を見ると憂鬱」
「若い頃のように自信が持てない」
「年齢より年上に見られた」

こんな悩みはありませんか? 年齢を重ねると、どうしても肌の弾力やハリはなくなってきてしまいます。しかし、諦める必要はありません! そんな方にぴったりの商品があります。「ハリジェンヌ つぶ」というサプリメントです。

「ハリジェンヌ つぶ」って?


「ハリジェンヌ つぶ」とは、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」だけでなく、肌に弾力を与える成分である「エラスチン」を豊富に配合したサプリメントです!
体内の「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」の3代美容成分は、年齢と共に減少していってしまうため、きちんと外から摂り入れてあげる必要があります。

その3つの美容成分をお手軽に摂ることが出来るのが、「ハリジェンヌ つぶ」の最大の魅力といえるでしょう。

「ハリジェンヌ つぶ」に含まれる「コラーゲン」とは?

コラーゲンとは、美肌だけでなく人間の体を形成するのに欠かせない重要な成分で、人体にあるタンパク質の約30%を占めています。コラーゲンが不足すると様々な老化の原因となってしまいます。
皮膚組織では水分以外の約70% がコラーゲンです。コラーゲンは肌に「弾力を与える」「水分を抱え込んでみずみずしさを保つ」といった美肌の為に大変重要な素材です。
しかし、加齢や紫外線、ストレスなどの影響から肌の新陳代謝が落ちると、コラーゲンも代謝の速度が衰えてしまいます。結果、コラーゲンの弾力性や水分を保つ保水力が弱くなり、肌はどんどん乾燥し、シワ、たるみなど肌老化の原因となってしまうのです。
また、コラーゲンは血管と細胞の間で、酸素や栄養を補給し、老廃物を取り除く経路を作っています。そのため、コラーゲンの生成や代謝が低下すると、酸素や栄養素が細胞に行き渡らなくなり、肌はみずみずしさをなくし、肌の老化がすすんでしまいます。そして、老廃物が排出されずに溜まってしまい、その老廃物が肌に負担をかけて、肌荒れやくすみなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

皮膚中のコラーゲンは、特に35歳頃から急激に減少する傾向にあります。そのため、40代以降は、コラーゲンの補給が必須といえるでしょう。

「ハリジェンヌ つぶ」に含まれる「ヒアルロン酸」とは?

ヒアルロン酸とはもともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類(ねばねばした物質)の一つです。ムコ多糖の中でもヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸が、いかに私たちになくてはならない存在であるかがわかるでしょう。

ヒアルロン酸と年齢について

ヒアルロン酸は加齢とともに減っていきます。ヒアルロン酸量は赤ちゃんのときが最も多く、20代まではそれほど影響はありませんが、30代から急に減り始め、40代では赤ちゃんの頃と比べると約半分の50%まで減少し、60代になると赤ちゃんの頃の4分の1(25%)まで少なくなってしまいます。このような加齢によるヒアルロン酸の減少は、肌のみずみずしさを著しく低下させるだけではなく、肌のハリも低下させ、乾燥肌やシワ、シミ形成の原因になってしまうのです。ほかにも、ヒアルロン酸が減少すると、体の様々な器官で水分調整ができずに老化現象が始まり、関節痛や動脈硬化といった病気を引き起こしやすくなります。

ヒアルロン酸と肌について

肌における真皮は、コラーゲンと弾力線維のエラスチンおよび保水機能を持つムコ多糖類が構成しています。ヒアルロン酸はこのムコ多糖類の一種で、肌のぷるぷるとした弾力性や、みずみずしさを保つ働きを持っています。加齢などで体のヒアルロン酸が減少し保水力が低下すると、肌のハリといった弾力性が失われ、必然的に保水量も減少しますから、肌のハリもなく衰え、シワやたるみが目立ってきます。このような状況を防ぐためにも、ヒアルロン酸は肌にとても必要な成分であるといえます。 また、ヒアルロン酸は天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなどの細胞間脂質と協力して肌の機能を維持する働きも見込まれています。

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持や、クッションのような役割で細胞を守っています。

・肌の保湿性や粘弾性の維持
・肌のシワやたるみの予防
・肌や関節軟骨機能維持
・老眼や眼精疲労の改善
・体内の細胞を活性化し、各種栄養素の運搬機能
・卵巣の働きを助け、生理痛の緩和や更年期障害の改善にも期待

コラーゲンとヒアルロン酸だけでは不十分! お肌の弾力を手に入れるには「エラスチン」が必要!


「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」はそれぞれの力だけでも、肌に潤いやハリを与える力を持っています。しかし、それだけでは不十分。弾力のある肌を手に入れるには、この2つの成分に加えて「エラスチン」が必要なのです!

「ハリジェンヌ つぶ」に含まれる「エラスチン」とは?


エラスチンとは、コラーゲンと共に網目状にネットワークを形成し、コラーゲンの線維をつなぎ止めるようにして支えている弾力線維です。皮膚や血管などの弾性に富む組織に多く存在しているタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があることで、肌に柔軟性を与えているといわれています。

エラスチンとコラーゲンの関係性と働き

真皮に含まれるエラスチンは、コラーゲンに絡みついて肌に弾力を与えています。エラスチンがコラーゲンの網目状部分を結び付け、コラーゲンと一緒にエラスチンも肌のハリを維持し、シワやたるみを防いでいるのです。
エラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなり、肌の弾力がなくなって、シワやたるみの原因に繋がっていきます。また、紫外線やストレスなどで蓄積される活性酸素も、エラスチンやコラーゲンなどの肌組織にかなりの悪影響を与えます。長年にわたる強い紫外線の影響や、日々私たちの生活に悪影響を及ぼしている活性酸素により、コラーゲンと密接に関係しているエラスチンとのネットワークが破壊され、肌のハリや弾力性がなくなり、大きなシワができる危険性が高まってしまうのです。このため、エラスチンの摂取は、お肌のために必須といえるでしょう。

エラスチンは年齢と共に減少

肌におけるエラスチン含有量は20代後半をピークに減少していきます。コラーゲンと同じように40代を過ぎると急激にその量は減少していき、肌のシワやたるみといった肌トラブルの影響が出るといわれているのです。
若い年齢のときにはみずみずしくハリや弾力もあり、洗顔すると水が水滴となってはじかれていた状態だったと思います。しかし、40代を過ぎると肌のハリや弾力がなくなり、手で肌をつまむと元に戻らずに、つままれた形のままになってしまう傾向にあります。これは加齢の影響で、エラスチンが減少し、伸縮性が鈍くなっているからなのです。エラスチンを取ることで、真皮の伸縮活動を活発にしていくことが、肌を若々しく保つポイントになるといえるでしょう。

「ハリジェンヌ つぶ」は美容家IKKOさんも愛飲! メディアでも多数掲載!!

「ハリジェンヌ つぶ」は、美容家として有名なIKKOさんも愛飲しています。さらに、雑誌や美容サイトでも数多く紹介されています。


まとめ

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」は、お肌に潤いやハリを与えてくれる成分
弾力のある肌を手に入れるには、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」に加えて「エラスチン」が必要
「ハリジェンヌ つぶ」とは、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」の3大美容成分を豊富に配合したサプリメント
「ハリジェンヌ つぶ」は、美容家IKKOさんも愛飲
「ハリジェンヌ つぶ」は、雑誌や美容サイトでも数多く紹介されており、安心感がある

「ハリジェンヌ つぶ」は、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」だけでなく、弾力のある肌を手に入れるには欠かせない「エラスチン」を豊富に配合!
年齢を重ねて、肌の弾力がなくなってきたという方には、非常におすすめのサプリメントです!!