最近、目が疲れて見えにくいという方へ

「最近、目が疲れて見えにくい」
「スマホや、パソコンの使いすぎで目がかすむ」
「文字がぼやけたり、かすんだりする」
「目の使いすぎで、肩・首筋が張る」

こんな悩みをお持ちの方、いらっしゃいませんか?
そんな方におすすめの商品が「えんきん」というサプリメントです。

「えんきん」とは?

「えんきん」とは、目の疲れ改善には必要不可欠な物質である、「ルテイン」を豊富に含んだサプリメントです。

ルテインとは?

ルテインとは、「カロテノイド」という栄養素の一種で、抗酸化作用を持つ黄色の天然色素です。
マリーゴールドなどの黄色の花弁やほうれん草、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜、植物の緑葉に多く含まれており、目の老化を引き起こす活性酸素を抑えたりする役目があります。
ルテインは、人間の体の中では、主に目の中の黄斑部という、太陽光などの光を受け止める部分やその光の通り道にある水晶体というところなどに多く存在しています。
しかし、体内で生成することが出来ないため、外から摂り入れてあげる必要があるのです。

ルテインの効能

人間の体の中で、目は唯一外に露出している臓器であるといわれています。まぶたを開けている間、目は休むことなく働き続けています。
光には紫外線を含む日光や、蛍光灯、スマートフォン、パソコン、テレビなどから発生する青色の光(ブルーライト)などがあり、目の疲れなどの原因である活性酸素を過剰に発生させる原因となります。光の中でも、青色の光は特に力の強い光といわれています。
また、ブルーライトは目の細胞に与えるダメージもとても大きいため、現代人の目は常にダメージを受けているといえるのです。

ルテインは、光の刺激から目を守る、黄斑部の色素の構成成分です。黄斑部は、有害な光(紫外線やブルーライト)によって発生する活性酸素を除去し、ブルーライトをブロックする働きがあります。

光の刺激から目を守る、黄斑部の色素は、年齢と共に低下

光の刺激から目を守る、黄斑部の色素(黄斑色素量)は、年齢と共に減少します。

ルテインには、黄斑色素量を増やす効果があり、実験でも、それが証明されています。

この結果、ルテインを摂ると、黄斑色素量が増え、疲れ目を改善し、ぼやけの緩和に繋がるということがいえるでしょう。

「えんきん」の効果は、臨床実験で証明済み!

「えんきん」の効果は、臨床実験で証明されています。

臨床実験①

「えんきん」を4週間摂取したところ、手元のピント調節力に改善が確認されました。

臨床実験②

「えんきん」を4週間摂取したところ、目の使用による、一時的な肩・首への負担を、和らげることが確認されました。

「えんきん」には、シアニジン-3-グルコシド配合

「えんきん」には、シアニジン-3-グルコシドという成分が配合されています。
シアニジン-3-グルコシドには、強い抗酸化力と眼の血流を促す効果があり、これによって水晶体や毛様体筋の働きを高め、近視や老眼、視力回復、更には飛蚊症に極めて効果的であることが確認されています。また、シアニジン-3-グルコシドは、経口摂取によって、眼にしっかり届くため、視力回復に効果があるといわれる他の成分と比較しても、非常に効果的な成分であるといえるでしょう。このような成分はほとんど発見されていません。

まとめ

「えんきん」は「ルテイン」を豊富に配合したサプリメント
「ルテイン」は、光の刺激から目を守る、黄斑部の色素の構成成分
黄斑部の色素(黄斑色素量)は、年齢と共に減少するため、色素を構成するルテインの摂取は必要不可欠
「ルテイン」は体内で作ることが出来ないため、外から摂り入れる必要がある
「えんきん」は臨床実験の結果、手元のピント調節力の改善が確認されている
「えんきん」は臨床実験の結果、目の使用による、一時的な肩・首への負担を、和らげる効果があることが確認されている
「えんきん」には、視力回復効果があるシアニジン-3-グルコシドが配合されている

「えんきん」を飲めば、疲れ目が改善し、ぼやけの緩和を期待することが出来ます。さらに、目の使用による、一時的な肩・首への負担を、和らげる効果も期待できます。ぜひお試し下さい!

「えんきん」を試すなら、ネットでの申し込みがおすすめ!

今、「えんきん」を試すなら、ネットでの申し込みがおすすめです!

公式サイトでは現在、4週間分の商品が、わずか1,000円(税込)+送料無料で購入可能なキャンペーンを実施中。

しかも、返品・交換の無期限保証まで付いてきます!

このサービスは、下記のサイトからの申し込みでのみ受けることが出来ますので、ぜひこの機会にご検討下さい!(情報は2019/1/20現在のもの)

 

ご購入は下記の公式サイトで!
  ↓ ↓ ↓