いつも出そうで出ない・・・・・・そんなお悩みありませんか?


「お通じが来そうで来ない」
「スッキリしないし、毎日どんより・・・・・・」
「お腹がさえない」
「表情が暗いといわれる」

こんな悩み、ありませんか? それは「ビフィズス菌」の減少が原因かもしれません。

「ビフィズス菌」とは?

人の身体には、大きく分けて二つの菌が存在します。それが、身体に良い働きをしてくれる「善玉菌」と、身体に悪影響を及ぼす「悪玉菌」です。善玉菌の代表的なものが「ビフィズス菌」で、体内の健康バランスを保つために必要不可欠な菌と知られています。
ビフィズス菌は、1899年にパスツール研究所のティシエ(Tissier)博士により、赤ちゃんのうんちから発見されました。人の腸内には1~10兆個のビフィズス菌がすんでいますが、他の善玉菌である乳酸菌はその1/100以下にすぎません。そのため、ビフィズス菌は腸内に適した菌だと考えられているのです。
また、ひと言でビフィズス菌と言ってもその種類は多岐にわたり、現在ではおよそ50の菌種に分類されています。菌の種類によってすむ場所が異なり、人と動物でもすんでいるビフィズス菌の種類が異なります。人の腸内からはおよそ10種類のビフィズス菌が発見されており、人の腸にすむビフィズス菌は、動物の腸内からはほとんど見つかりません。逆に動物のビフィズス菌は、人の腸内にはすみつかないと考えられています。このように、人のビフィズス菌と動物のビフィズス菌は、適した環境がそれぞれに異なるものと考えられています。

ビフィズス菌が人へ与える影響


ビフィズス菌は、整腸作用にはじまる様々な作用により、腸内環境を良好にする働きをもっています。とくに、腸内で酢酸を作ることができるという点において、ビフィズス菌は同じ善玉菌として知られる乳酸菌よりも、優れたプロバイオティクスであるといえます。お酢の成分などで知られる酢酸は、強い殺菌力を持ち、腸の粘膜も保護してくれるため、さまざまな疾患を招く「悪玉菌」から腸内環境を守ってくれます。たとえ酢酸が多く含まれるお酢をそのまま飲んだとしても胃や小腸で吸収されてしまうため、腸内細菌がいる大腸には届かないと考えられています。腸内環境を整えるには、大腸で酢酸を作り出してくれるビフィズス菌を増やすことがもっとも有効な方法だと考えられているのです。

ビフィズス菌BB536


ビフィズス菌とひと言にいっても、その種類はさまざまです。現在、確認されているだけでも50菌種ほどあり、お腹への作用や性質もみな異なります。「ビフィズス菌BB536」は、人にすむ種類のおなかに適した菌で、酸や酸素に強いため生き残りやすく、また整腸作用から感染症予防、骨補強作用などの働きをしてくれる優れたビフィズス菌です。
現在では、「プロバイオティクス」、つまり腸内環境を改善してくれる生きた善玉菌の代表的な菌として世界中の多くの国で認められ、ヨーグルトやサプリメント、育児用粉ミルクなどの製品となって販売されています。また、長年の研究から多くの生理作用が確認されており、健康維持に大いに役立つビフィズス菌として知られています。

ビフィズス菌BB536の効果

・整腸作用・・・・・・「ビフィズス菌BB536」を摂取すると、腸内環境が良好になり、おなかの調子がよくなります。排便回数を増やしたり、悪玉菌が作り出す有害物質(アンモニア)の発生を抑えたりする働きがあります。

・感染症を防ぐ・・・・・・大腸の表面にある細胞を保護して外敵から腸を守ることで、病原性大腸菌0-157の感染を予防することが期待できます。また、高齢者のインフルエンザを予防することも報告されています。免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞や、白血球の一種で悪い菌を殺してくれる好中球を活性化させて、免疫力をアップさせることがわかっています。

・アレルギーの予防・・・・・・花粉症などのアレルギー反応は、免疫のバランスが崩れることによって起こります。「ビフィズス菌BB536」は、腸内細菌や腸の壁の内側にいる免疫細胞に働きかけることで、崩れた免疫バランスの改善を促してくれるため、アレルギーの症状が緩和すると考えられています。

・潰瘍性大腸炎の緩和作用・・・・・・潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)とは、自分のなかにある免疫反応が異常を起こして発症すると考えられている病気です。大腸の粘膜に炎症が起きて、ただれや潰瘍などの症状を引き起こします。「ビフィズス菌BB536」を摂取すると、こうした症状が軽くなることがわかっています。

・骨の強度を高める・・・・・・「ビフィズス菌BB536」は、骨の密度を高める働きがあります。これは「ビフィズス菌BB536」の作り出す酸によって、腸内が酸性になり、カルシウムが吸収されやすい状態になるためと考えられています。牛乳などに含まれるミルクカルシウムと一緒に摂取すると、より効率的にカルシウムを摂取できます。

ビフィズス菌BB536を摂るなら「Bifirigo10000」


上記の通り、ビフィズス菌BB536は腸内環境を改善したり、アレルギーを防いだりする働きを持っている、優れた善玉菌ですが、毎日摂り続けるのは簡単ではありません。
そこでおすすめなのが「Bifirigo10000」というサプリメント。手軽にビフィズス菌BB536を摂取することが出来る、優れたサプリメントです。

販売元のファインベースは「アジア ゴールデンスター アワード」受賞!

「Bifirigo10000」の発売元であるファインベースは、優れた品質と、際だって優秀な革新性がある賞品に送られる「アジア ゴールデンスター アワード」を受賞しています。
他社の商品に比べて安心感が違うため、安心して摂ることが出来るサプリです。

まとめ

「ビフィズス菌」は体内の健康バランスを保つために必要不可欠な菌
「ビフィズス菌」には、整腸作用にはじまる様々な作用により、腸内環境を良好にする働きをもっている
「ビフィズス菌BB536」はビフィズス菌の種類の中でも、特に人のお腹に適した菌で、優れた力を持っている
「ビフィズス菌BB536」は、整腸作用以外にも、アレルギー防止や、感染症を防ぐなど、様々の効果を持っている
「ビフィズス菌BB536」を摂るなら、どこでも飲みやすい「Bifirigo10000」がおすすめ
「Bifirigo10000」販売元のファインベースは「アジア ゴールデンスター アワード」受賞

安心感のある「Bifirigo10000」を摂ることで、腸内環境が良好になり、お通じ改善! とってもおすすめです!

「Bifirigo10000」を購入するなら、定期コースがおすすめ

今「Bifirigo10000」を購入するなら、定期コースがおすすめです。

定期コースなら初回、通常価格6,000円(税抜)が、約83%オフ初回特別価格990円(税抜)で購入出来てしまいます!

さらに、2回目以降も約20%オフの4,800円(税抜)で購入可能。

今だけのお得なキャンペーンなので、ぜひこの機会にご検討下さい!(情報は2018/8/30現在のもの)

 

ご購入は下記の公式サイトで!
  ↓ ↓ ↓