最近、パソコンでの作業がつらいという方におすすめ

「最近、パソコン作業がつらい」
「スマホ操作で近くがぼやける」
「しっかり寝ても目の乾きがとれない」
「長時間の運転がこわい」

こんな悩み、お持ちではありませんか? 現代の社会において、パソコンやスマホは必需品。仕事をするにしても、なかなか手放せるものではありません。
目の疲れは、そのパソコンやスマホが発している、「ブルーライト」が原因かもしれません。

「ブルーライト」とは?

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。可視光線の中でもっとも波長が短く、強いエネルギーを放つため、目に大きなダメージを与えます。特にパソコンやスマホの光には、このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトの悪影響

ブルーライトは、他の光と比べて波長が短いため、散乱しやすい性質を持っています。
そのため、スマホやパソコン画面を長時間使った場合などに、眩しさや司会のちらつきなどの原因となり、目の疲れに影響するといわれています。
また、他の色の光りに比べ、エネルギーが強いため、網膜へのダメージ、瞳孔を縮めようと目の筋肉も酷使され、目の疲れや肩・首などの凝りなどに影響も懸念されています。

ブルーライトに強い成分「ルテイン」

目を疲れさせる原因となるブルーライトに強いのが、「ルテイン」という成分です。
ルテインとは、「カロテノイド」という栄養素の一種で、抗酸化作用を持つ黄色の天然色素です。
マリーゴールドなどの黄色の花弁やほうれん草、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜、植物の緑葉に多く含まれており、目の老化を引き起こす活性酸素を抑えたりする役目があります。
また、体内のルテインは、40歳を過ぎるとガクンと減ってしまいます。

しかも、体内で生成することが出来ないため、外から摂り入れてあげる必要があります。

ルテインのブルーライト防止効果

人間の体の中で、目は唯一外に露出している臓器であるといわれています。まぶたを開けている間、目は休むことなく働き続けています。
光には紫外線を含む日光や、蛍光灯、スマートフォン、パソコン、テレビなどから発生する青色の光(ブルーライト)などがあり、目の疲れなどの原因である活性酸素を過剰に発生させる原因となります。光の中でも、青色の光は特に力の強い光といわれています。
また、ブルーライトは目の細胞に与えるダメージもとても大きいため、現代人の目は常にダメージを受けているといえるのです。

黄斑部や水晶体に存在しているルテインは、有害な光(紫外線やブルーライト)によって発生する活性酸素を除去し、ブルーライトをブロックする働きがあります。
このため、目をブルーライトから守るには、ルテインは必要不可欠な成分といっても過言ではありません。

ルテインを摂るなら「あいぜん」


ルテインを摂るなら、「あいぜん」というサプリメントがおすすめです。
あいぜんには、フリー体天然ルテインがたっぷりと配合されています。

「あいぜん」には、疲れ目に効く「アントシアニン」を含む「ビルベリー」が豊富に配合

「あいぜん」には、疲れ目に効くと有名な、「アントシアニン」という成分を多く含んだ「ビルベリー」がたっぷり配合されています。

ビルベリーとは?

ビルベリー(学名:Vaccinium Myrtillus L.)とは、北欧の森林や草原、北米やカナダの砂地に生育する野生の多年生落葉低木で、 ヨーロピアンクランベリーの近縁種で夏に酸味のある黒紫色の果実をつけます。よくブルーベリーと間違えられますが、ビルベリーが野生の落葉低木で多種多様なアントシアニン、抗酸化物質ポリフェノール類を豊富に含む事より医薬品、健康食品に使用されるのに対し、 ブルーベリーは成分よりも生食用として品種改良され大量に露地栽培されており、主に生食果物、ジュースとして使用されております。

この実を乾燥させ煎じたものは、伝統的な医療(腸の疾病治療など)に用いられ、また、葉を煎じたものは、糖尿病などの疾病治療に使われていました。このビルベリーエキスの治療効果に対する新たな関心は、第2次世界大戦中にビルベリーのジャムを食べていた英国空軍のパイロットが、敵側より薄明かりでも目が良く見えたという体験に端を発しております。ヨーロッパでは、明るい視野と目の毛細血管のためのハーブとして認められており、イタリアやフランスでは医薬品として認可されています。

ビルベリーに多く含まれる「アントシアニン」とは?

ビルベリーには、多くの「アントシアニン」という成分が含まれています。

アントシアニンとは、ポリフェノールの一種で、目の健康によいとされている成分です。
「あいぜん」のビルベリーには、普通のブルーベリーの6倍ものアントシアニンが含まれています。

アントシアニンの効果

アントシアニンには、ロドプシンの再合成を助ける効能があります。ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、ロドプシンに光が当たる事によって生じる信号が脳に送られることで、「目が見える」と認識されます。しかし、ロドプシンは光にあたる事により、ビタミンAに分解され、もう一度ロドプシンに再合成されます。長時間目を酷使し続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされており、この作用こそが、ブルーベリー(ビルベリー)が目によいとされる一番の理由なのです。
また、アントシアニンには、網膜に張り巡らされた毛細血管の保護・強化作用、血液循環を向上させる効果や、角膜・水晶体などに含まれるコラーゲンを安定させる作用もあるようです。

アントシアニンの即効性

アントシアニンの眼精疲労回復、視力改善作用には、高い即効性が報告されています。アントシアニンの摂取後4時間程で回復が見られ、24時間程度で消失するとされています。ウサギによる実験では、アントシアニン投与後約10分後で、アントシアニンを投与されていないウサギに比べて約2倍のロドプシンが確認されたとの報告があります。このため、アントシアニンの、目の疲れ改善作用の即効性には、かなりの信憑性があるといって間違いないでしょう。

まとめ

目の疲れは、「ブルーライト」によるものの可能性が高い
「ルテイン」という成分は、ブルーライトから目を守る効果がある
「あいぜん」は「ルテイン」を多く含んだサプリメント
「あいぜん」には、疲れ目に効く「アントシアニン」という成分もたっぷり含まれている

「ルテイン」×「アントシアニン」という、最強の組み合わせを配合した「あいぜん」は、ブルーライトから目を守るのに、非常に適したサプリメント。おすすめです!

「あいぜん」を購入するなら、定期コースがおすすめ!

今「アイゼン」を購入するなら、通常価格4,480円(税別)が、初回80%オフ916円(税別)になる、定期コースがおすすめ!
しかも、30日間の返金保証付きなので、安心して申し込むことが出来ます。

この値引き価格は、毎月先着300名様だけに適応される特別価格なので、ぜひお早めに申し込んでみて下さい!(情報は2018/09/25現在のもの)

 

ご購入は下記の公式サイトで!
  ↓ ↓ ↓